三期制の中学校では5月に1学期中間テストが実施されるます。早いところではゴールデンウイークが明けた数日後から始まる学校もあります。
 小学校とは違い、通常の勉強に加えテスト対策の勉強も必要になります。学校でテスト範囲が発表された日から試験勉強に入るのは当たり前のことです。でも試験勉強ってどうすればいいのか、多くのお子さまは漠然とはわかっていても、具体的に何をどうすることなのかわかっていないのではないでしょうか。特に受験経験がない公立の新中学1年生には雲をつかむようなものかもしれません。
 「勉強しなさい!」「復習しなさい!」そう言われても何となく教科書を眺めたり問題を解くぐらいしか思いあたらない。そんな程度ではないでしょうか?勉強の仕方を間違えると、無理な計画、無駄な時間の浪費、ムラな内容など、限られた時間の中で頑張ってみても、得点に結びつかない「努力が結果に結びつかない勉強」をすることになります。努力しないのは論外ですが、どうせやるなら努力に見合う結果が得られる勉強をしましょう。頑張っても頑張ってもその成果が出なければ、そのうち努力することに疲れて努力しなくなってしまうでしょう。
 えいけん英伸塾では現在少数ですが塾生を募集しています。少人数制完全個別指導ですから、学校はもちろん個人別にも中間テストに対応しています。だから区立や私立の別なく無理、無駄、ムラのない勉強で成果が得られます。
 さあ、今ならまだ間に合います、まずは校内トップをめざしましょう!